ミラーリングは女性の恋愛心理に影響があるのか

この記事の所要時間: 514

lgf01a201408250900
恋愛心理学本などでよく語られる
ミラーリングというテクニック。

これは本当に女性との恋愛で役立つのか?
その深層についてお話しようと思う。





管理人赤堀です。



『ミラーリング』



かなり有名な心理学テクニックなので
もしかしたら聞いた事ぐらいはあるかもしれない。


ミラーリングとはその名の通りに鏡のように行動を真似ることにより
深層心理に親近感を与える効果の事を言う。


「女にモテる心理学」とかの系統の本などを見てみると
ほぼ100%紹介されてるようなメジャーなテクニックだ。


例えば意中の女性と食事をしていたとしよう。


女性がコップを手に取ったタイミングであなたもコップを持ち。
女性が腕を組んだタイミングであなたも腕を組む。
左手をテーブルについたらあなたも左手をテーブルに。


というようなモノマネの事だ。


果たしてこんな馬鹿げた事を行ったところで
女性の恋愛感情に刺激を与えることなんか出来るのか?

とても疑わしいテクニックの代表例だろう(笑)


そもそもこんな事で女が惚れてくれるなら苦労しない。
実践するにも値しない雑学レベルのテクニック。


そも思われている男性も多いかもしれない。


たしかにこんな事で「惚れさせる」なんて無理。
そんなに恋愛が簡単だったら誰でも100人斬りできる。


だがミラーリングの効果というものは女を惚れさせる事ではない。


親近感を与える


という事こそが本質なのだ。


つまり、あなたと気が合うと思わせること。
あなたとの空間が居心地が良いと思わせること。
あなたとフィーリングが合うと思わせること。
そしてトークを最大限受け入れやすくすること。


それに役立つのは本当だ。


もちろんその効果は微々たるもの。

あくまでもトークや表情でしっかりと
女性との空気を盛り上げたり雰囲気を良くする必要がある。

ミラーリングはあくまでもその調味料なのだ。



だがしかし、注意点もある。


それは決してミラーリングしてる事を悟られないこと。


ミラーリングはとても有名なテクニックなために
女性もこのテクニックを知っていることもある。


あなたが女性の行動を真似してるのがバレてしまうと
それは下心、好意丸見えという事になってしまう。

そしたら当然、引かれてしまうのだ。


例えばそれは塩を振りかけすぎたおにぎりのようなもの。
調味料が全面に出てしまってはいけないのである。



ちなみに私はミラーリングという手法はまず使わない。
ほとんど意識すらした事がない。


ミラーリングによりもたらされる効果は先ほど話した通り
ラポール=心的繋がりを深層的に印象付ける為なのだが


ミラーリングみたいに胡散臭い方法を使うよりも
もっと楽にラポールを形成する方法がある。


それが価値観を真似するということ


つまり行動のミラリングではなく心理のミラリングというわけだ。



もちろん、言われた事を繰り返すというような
オウム返しをするわけでも無いし


女の話しをなんでも「うんうん」「それでそれで」と
相槌を打つだけともまったく違う。


特に聞き上手な男になりたいと思うのならば
この心理的ミラーリングを意識するようにしてほしい。


lgf01a201408250900


これは言葉ではとても説明をしにくいのだが
女性の意見に同意をするというのとも違う。

さらにその上を行くのだ。



例えば女の子が「ゴシップガールが好き」と言ったとする。


それに対して


「いいね!ゴシップガールはかなり面白いよね」


これだけでは全然、価値観への同調には足りていない。
もっと奥深くにある感情に同調をするようにする。



「ゴシップガールはヤバいよね。
 あそこまで深く女性心理をついたドラマは無いし
 イケメンに囲まれたスキャンダラスな日常ってある意味憧れるよね」




ぐらいまで感情を乗せていく。



人にはそれぞれ価値観というものがある。
そして女性は特に価値観レベルでの同調を求めている。


何かを好き、嫌い、●●のように思う、●●だと私は感じた。


そこに対する肯定と同調こそが価値観のミラーリングだ。


モテる男というのは必ずそれを欠かさない。


逆に女にモテない男、あるいは女が離れていく男とは
必ずと言っていいほど価値観に同調しようとせずまず否定から入る。


あるいは同意してるように見えて同調レベルに至っていない。
つまりなんとなく「そうだね」と返事してるだけのように見える。


同調を演出するには説得力というものが必要なのだ。


そして説得力を増す為には言葉を増やすこと。
「なぜ僕はあなたと同じ考えなのか」を説明することだ。


つまりそこでもトークスキルというものが必要になる。


私は常々「トークが苦手だから聞き上手に走るなんて無理」
という事を言い続けてきている。


それは何故かと言うとトークスキルが無い者は
人の話しを聞いて説得力のある同調なんか出来ないからだ。


つまり聞き上手になろうにもまずトークスキルが必要。


聞き上手な男がモテるというのは紛れもない事実だが
それは決してトークが苦手だからと逃げれる場所じゃない。


圧倒的なトークスキルがあってこそ応用できる技なのだ。


なのでまずは第一にはトークスキルを磨く事。これは絶対。

これから女性とのトークの勉強をはじめたいなら…



恋愛テクニックなど応用に近い技というものは
全てトークスキルという土台の上に成り立つものなので
まずは順序通りにステップアップを図っていただきたい。


では今日はこの辺で。
読んでいただきありがとうございました。

赤堀によるメルマガがオープンしました

merumagaannai

メルマガ参加者にもれなくプレゼント中

【ユニクロだけでキメるモテるファッション】
【モテる男の思考に近づける!日常を変えるマインドセット】
【明日から変えれる!男がやりがちなNG行動集】

その他にもメルマガの中でプレゼントもあり!

赤堀のメルマガ詳しい内容ページはこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ