女の嘘と建前を本気にするような男になっちゃいけない

この記事の所要時間: 337

女性はリアクションが上手で建前も上手。

男性側はそれを鵜呑みにしてしまっては
成長できずに痛いキャラになってしまう。

女の建前としてよくある例を挙げてみよう。








管理人の赤堀です。



女性と接していたり話をしているとつくづく感じるのだが
女性というのは本当に面白い生物だ。



私たち男とはやはり根本的にまったく違う



例えば子犬を見て「可愛い!」とリアクション1つするにしても
その意図や意味は男とはまったく異なっているのだ。



簡単に言うと女性は本音と建前の使い分けが上手い。



全然興味の無いことにも驚きのリアクションができるし
凄いと思っていない事も「凄い」と言えてしまうのだ。



女性は嘘つきだ!と馬鹿にしているのではない。
むしろその逆で尊敬しているのだ。


女性は男にとても気を使ってくれている。
空気を読んで立ててくれているのだ。



男側がそんな女性の気遣いに対して本気になりがちだが
建前には建前で接するという事も覚えなくてはいけない。



例えば、合コンなどでよく見かけるのだが
「仕事は何してるんですか?」という質問。


良い仕事をしている男はアピールチャンスだと思い
なるべく顔がにやけないように嫌味にならないように


「IT関連の会社で働いてるよ」

「この間は1億円の取引をしたよ」



というような事を言うのだが
女性はこのような時には決まって



「え!?すごーい!」


という反応をしてくれる。



だが、これを本気にしてはいけないのだ。



なぜならば、どんな仕事であろうとも
女性は建前で「凄い」と言ってくれるからだ。



「今度、飲みにつれてってくださいよ~」


というような言葉もそう。


これは誘って欲しいという好意からではなく
建前で言うパターンがほとんどなのである。



「おもしろ~い!」「楽しいー!」



などもそう。


全部が全部、建前や嘘とは言わないのだが



女性はつまらなくてもそう言ってくれる



という事は頭に入れておかなくてはいけない。



「楽しいって言ってたから相手も楽しいはずだ」
という考え方は短絡的なのだ。



セックスの場合だってそう。
そりゃ相手には「気持ち良い」「好き」と言うだろう。


だがいざ女子会などの場になると


「騎乗位は疲れるから嫌いなんだよね」

「週1回以上ヤるとかほんと疲れる」

「相手のペースに合わないから酒でごまかしてる」

「正直、元カレの方が相性は良い」



というような言葉が飛び交っているのだ。



もちろん全ての女性がそうというわけではないし
本気の本音で言葉が飛び出すこともあるだろう。



だが女性の言葉を鵜呑みにして自分を過信し
相手を本当に楽しませる努力を怠ってはいけない。




確固たる自信を身に付けるためには
本気で相手からおねだりさせるくらいに
スキルを高めていかなくてはいけない。



例えばトークのスキルならば
毎晩のように相手の方からあなたに電話をしてくれば


それは本当にあなたとの会話を
「楽しい」「幸せ」と感じているという証拠であるし


セックスの場合も同様で相手の方から
「ホテルいこ?」「ねぇ、やろ?」と言ってくれば本物だ。



女性の建前を本気にせずに肌で感じ取れる実感を得てこそ
本当の意味での「良い男」になれるのである。



女性の言葉に翻弄をされてしまいがちな男性は
まずは彼女達の言葉は全て建前だと疑ってかかろう。


そこでニヤけるような男かどうかを試されているのだ。



「ふーん」としれっと受け流しておいて
相手の方からあなたを求めてしまうぐらいに
魅力的なキャラである事を見せた方が賢明である。



では今日はこの辺で。
読んでいただきありがとうございました。

赤堀によるメルマガがオープンしました

merumagaannai

メルマガ参加者にもれなくプレゼント中

【ユニクロだけでキメるモテるファッション】
【モテる男の思考に近づける!日常を変えるマインドセット】
【明日から変えれる!男がやりがちなNG行動集】

その他にもメルマガの中でプレゼントもあり!

赤堀のメルマガ詳しい内容ページはこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ