モテる男のお金の使い方 少ない予算でいかに女にモテるのか

この記事の所要時間: 757

女性にモテる、好かれるにはお金が必要。
正直いくらあったって足りたもんじゃない。

だからこそ、限られた予算内で
どのように投資をするのかが重要になってくる。











管理人の赤堀です。


今日は


お金で女にモテるようになる事は可能なのか


というテーマで記事を書いていこうと思う。



お金がある男は本当にモテるのか




お金がある男がモテるという事に対しては
あなたも一度はイメージをした事があることだろう。


確かに金持ちというのは札束と一緒に
良いおねーちゃんを両手に抱えて歩いているイメージがある。



でもそれは果たして本当なのだろうか?



残酷な事を言うようだがこれは事実である。



金が無い男よりもある程度金を持っている男の方が150%モテる。



人間関係というものは利害関係の基に成り立つので
人間性的に嫌われていてトークも下手だったとしても
資産が1億円で羽振りが良いというだけでも男も女も寄っていて
心は伴わないかもしれないがセックスだって出来てしまうのだ。



金の切れ目が縁の切れ目という言葉があるように
金には縁さえも引き寄せてしまう力がある。



この事実はいくら悲しそうとも覆る事は無いので
その事は認めた上で生きていくしかない。



だが、じゃあ女にモテたいから今すぐに
金を稼げる職業に転職をしなくてはいけないのか?



というと、そういうわけでもないのでご安心を。



金持ちの方が有利な事は事実だが
金があるからと言ってモテるというわけではないのだ。





月の給料が手取りで15万円だったとしても
要はそのお金をどのように使うのか?という事である。





女性にモテる男というものはモテる為のお金使いが上手い。


例えば年収が600万円だとすると
税金を引いて手取りは30万円ぐらいだが
その30万円をモテる為に上手く使えるという事なのだ。



もちろん職によっては収入がそれ以下の事もあるだろう。


だが私も昔は月収入10万円程度のアルバイトの身だったし
私の友人では30歳を超えて月収入20万円ぐらいの男もいる。


しかしそれでも、人並み以上に女性を抱いてきたし
金が無いならないなりに女遊びを楽しんできた。



女にモテる男のお金の使い方




まず、モテる為のお金の使い方には2種類ある。


●自分の為に使うお金

●女性のために使うお金




これは片方では駄目だし極端でもいけない。
バランスよく投資していく必要があるだろう。



例えば自分にはお金を掛けるのに女には飯も奢らないしプレゼントもしない。
これでは器の小さい男と思われて評価を下げる原因となるし


逆に女の子にはプレゼントをしいつでもご飯を奢っているが
自分は安物の服でいつも質素な生活をしると都合の良い男になってしまうか
あるいはそもそも恋愛対象に入るという事ができないであろう。



やはり、自分と相手とにバランスよくお金を使わないといけない。



自分の為に使うお金とは何か?
これはあなたの男としての魅力を上げる為の投資である。


●美容院に行く
●服を買う
●美容に気を使う
●トレンド知識をおさえる
●教材で会話、テクなどを学ぶ
●インテリアなどを買う



など。


金が勿体ないからと髪を自分で散髪したり
服代が勿体ないといつも同じ服を着ているのが論外である。


一緒に横を歩かなくてはいけない女の子の気持ちを考えよう。
女性は男の何倍も他人の目や評価を気にして生きているのだ。


昔に比べて、男にはかなり清潔感が求められるようになった。
今や男が美容に気を使うというのも当たり前なのだ。


服や小物に関しては別に高いブランド物を買う必要は無いが
せめてしっかりとヨレていない清潔感のある服をセレクトすべきだろう。



逆にブランド物を選ぶ場合に男性の多くは勘違いしてしまうのだが


・有名、高額だからと言って評価が上がるわけではない

・女性が好きでも、男に着て欲しいと思わない場合がある




例えば女性がルイヴィトンが好きだったとして
だからと言ってあなたがヴィトンのバッグを持っているのを見ると
「男のくせにヴィトンのバッグってww」と思われる危険性もあるのだ。



男には男の魅力を上げる商品というものが存在しているので
モテたいという理由で選ぶならその観点で選んだ方が良いだろう。


ブランド物選びの注意点はこちら



あとは忘れてはならないのはトークなどスキルへの投資だ。



金が無かろうか顔が悪かろうが、人間的な魅力というものは
一発逆転の大きな武器となる。




私や私の友人が金も無いのになぜ日夜違う女とセックスできるのか。


それは女性にウケるトークスキルや口説く為のテクニックなどを
身に付けているからに他ならない。



いくら見た目が良くてもトークができなきゃ話にならないが
多くのライバル達が避けて通ろうとする道なので
逆にそこを重点的に学ぶというのは頭の良い選択と言える。




教材選びに関しては私のレビューサイトを参考にして頂きたい。
あなたの状況に合った最適なものが見つかるだろう。

http://akahori123.blog.fc2.com/




続いて、女性に対してのお金の使い方について。



●デート代
●プレゼント代
●食事代



などが主な使用用途となる。


女性へのお金の使い方は豪快な方が良いと思う男もいるが
身の丈に合わないお金の使い方は逆に評価を下げる。


例えば無理をしてドレスコードが必要なレストランへ連れてったり
無理して毎回お会計を持ってやったりする必要は無いという事だ。




●女性の所得層はどうか


まず、相手の女性の所得層はどうかを見極めよう。



相手が自分より稼ぎが少ない → 奢る

相手と稼ぎが同等      → 割り勘(記念日などだけ奢る)

相手の方が稼ぎが多い    → 割り勘




という風にするのが基本である。



相手よりあなたの稼ぎが多いor相手の年齢がかなり年下の場合は
お会計はあなたが持つようにした方が良いだろう。



相手はしっかり就職しているがあなたはフリーターの場合。
無理して奢ろうとすると女性から嫌がられる場合が多い。


身の丈に合ってない事をしても相手は重く感じるのだ。



たまにこちらの収入なんかはお構いなしに
「女は奢ってもらって当然」という女性もいるが



「奢ってもらって当然」という態度の相手を
どうしても落としたいのであれば
それも投資と割り切って奢り続ければいいと思うが



長く付き合いたいと思うのであれば
指摘してでも解らせてやった方が良いだろう。



ちなみに私の場合はその場では奢るが
その後携帯から消去し一切の連絡を絶つようにしている(笑)




相手の職業、身の回りの環境も重要だ。



相手が大学生の場合、身の回りの友達なども大学生。
つまりお金を使い慣れていない層という事になる。


こういう層は他人よりプチ贅沢をしてみたいと望んでいるが
あまりにぶっ飛んだお金の使い方には抵抗がある層だ。


バイトなどを経験している子も多いし
「お金持ってます」というアピールを嫌う事もある。


飲みにいくとしても高級バーではなく居酒屋で十分だし
プレゼントを買うにしてもミドルブランドでも良いのだ。


その方が逆に親近感を与える事ができる。


誕生日やクリスマスなどの記念日にだけ
プチ贅沢を味わえるような場所に連れていくと良いだろう。



相手がOLの場合も基本的には同様なのだが
付き合いのある男の層がどうなのかがポイントだ。


付き合いのある男の層が金持ち系ならば
高級な食事やプレゼントなどは既に経験済な可能性が高い。


ならば値段よりも相手の好みに合わせて
デートスポットなどを選ぶようにするよ良い。


例えば、うさぎが好きならうさぎカフェの予約を取ったり
特定のアーティストが好きならライブのチケットを取ったり。



あるいはハイブランドをプレゼントする余裕が無いなら
旅行に連れていくというのはかなり有効な手段である。
(これは付き合っている場合に限るのだが)



例えば相手が沖縄への憧れを持っているならば
沖縄旅行にでも連れていってあげると
ブランド物のバッグ同等なナイスプレゼントにもなるのだ。




このように、現在の身の丈に合ったお金の使い方で
女心をつかむ工夫を凝らしてみると良いだろう。



では今日はこの辺で。
読んでいただきありがとうございました。

赤堀によるメルマガがオープンしました

merumagaannai

メルマガ参加者にもれなくプレゼント中

【ユニクロだけでキメるモテるファッション】
【モテる男の思考に近づける!日常を変えるマインドセット】
【明日から変えれる!男がやりがちなNG行動集】

その他にもメルマガの中でプレゼントもあり!

赤堀のメルマガ詳しい内容ページはこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ