LINEで女にモテるにはどうすればいいか?注意点やLINEの特徴など

この記事の所要時間: 450

030ラインというツールを恋愛に活かす方法

ライン独自のルールや特性について
記事を書いていこうと思う。









管理人の赤堀です。



LINEというツールが連絡手段となって数年。
今や会社間での連絡すらもLINEでやり取りされる時代となった。


女の子をナンパする時の口説き文句というものも変化をしてきた。


少し前までは「アドレス教えてよ」だったものが
今ではLINEのIDの交換になったし


ナンパでは無くても初対面の相手ならラインのIDや
facebook、Twitter、mixiなどSNSのアカウントの交換である。


「1切(ワンギリ)しといたよ」 → 「友達申請しといたよ」



このように変化をしたのである。



030

今や、LINEやSNSをやっていないなんて状況では
出会えるはすだった女性との出会いも消失する時代なのだ。



男性の中には「なにそれめんどくせぇ」という人も少なくないが
女性にモテたいのであれば時代の変化には敏感についていくべきだ。



とにかく色んな女とセックスしたい



という事を目標に掲げる男性が大多数であるとは思うが
それなら尚更、新しいツールはキチンと覚えた方が良い。



女性と会話をする際には芸能、ゴシップ、ブランドなどの
トレンドの情報を頭に入れておくのは基本中の基本だが
時代の変化を柔軟に取り入れるというのもその一貫なのだ。



しかしLINEをやろうとは思っているものの
メールとのルールの違いに戸惑っている男性も多い事だろう。


・既読の表示
・スタンプ
・チャット形式の画面
・プロフィール、タイムライン



などLINEは連絡ツールでありながらも
メールとは根本的に異なったルールが存在している。



時代に乗り遅れがちな男性にとって一番の障壁となるのは
おそらく「既読表示」というシステムだろう。


これは本当に厄介。


メールの時のように、相手の文面を見て返信を考える。
というようなペースでは遅いのだ。


相手の文面を表示してしまったら最後、
即行で相手に返信をしないと「既読スルー」とみなされる。



「空いた時間に返信する」




というメールの特性は消えてしまってるという事である。



良い歳した男の大人でもいちいち既読スルーに腹を立てるのだから
若い女の子世代から見るとこれはかなりNGな行動になってしまう。



なのでLINEをする際にはLINEの返信をできる状況にある時


これが基本となった。


仕事の合間などに遅いペースで行うものではないのだ。



つまり、LINEとは何なのか?と言うと
これは通常の会話と何ら変わらない性質を持つものなのである。



通常の会話ならば相手が言葉を発した際にすぐ返答する必要がある。
それが携帯電話の文面上で行われているだけの事なのだ。


それを理解できればLINEに対する苦手意識は少しは和らぐだろう。



長い文面は必要ないし、捻ったり名言を繰り出そうとする必要もない、
ポンポンと早いテンポで意味のない会話をしていけば良いのだ。




「意味のない会話」とは言え最終的なゴールは
楽しさを共感したりデートのアポに繋げられなくてはいけないが
LINEの扱い方としてはとにかくハイペースで進める事を意識してほしい。



メールの時代にはよく聞いた悩みなのだが


「返信にはどのぐらいの時間空けた方が良いでしょうか?」
「すぐに返信したらがっついてると思われますか?」


なんて悩みは不要。
返信間隔なんか1秒でもいいから即レスをする事が基本なのだ。


なので文字を打つ速度は普段から鍛えておいた方が良いし
LINEによく触り日常的に使えるスタンプは履歴に残しておくこと。




相手からの返信の間隔が空いたらどうするのか?
その場合は追撃をせずにひたすら待つようにしよう。



返信が無いからと言って追撃をしてはいけないルールは
メール時代と変わらずに存在しているので注意をしよう。


1日後とかに返信がくるという事もよくあるし
女性の場合、その事に対して理由が無い事の方が多い。


「嫌いだから後回し」「文面に悩んだから後回し」


というよりも「なんとなく」なのだ。


なので返信が遅れた事を突っ込んだりしてもいけない。



もしも数日間返信が無い場合、
それはそのやり取りは終了したものと思った方が良い。


LINEは終わり所が解りにくいツールなので
自然消滅というパターンが多いのだがその1つという事だ。



それに関しても深い理由はなく「なんとなく」なので
数日間間を開けたならまた再びアタックしても良いだろう。



女性とのLINEを行う際にはこれらの事に気を付けて望んでほしい。



それと、以前レビューしたこちらにも記載されているが


激モテLINE術という商材についての記事



くれぐれもLINE上で口説こうとか好意を伝えようとしない事。



LINEはあくまでも連絡ツールで楽しむ為のツールなので
LINEだけで惚れさせるとかは不可能と考えてアポ取りの道具と考えるのが無難だろう。



では今日はこの辺で。
読んでいただきありがとうございました。

赤堀によるメルマガがオープンしました

merumagaannai

メルマガ参加者にもれなくプレゼント中

【ユニクロだけでキメるモテるファッション】
【モテる男の思考に近づける!日常を変えるマインドセット】
【明日から変えれる!男がやりがちなNG行動集】

その他にもメルマガの中でプレゼントもあり!

赤堀のメルマガ詳しい内容ページはこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ