女に好かれる見た目(髪型・バッグ・時計など)モテたい男のアイテム選びのポイント

この記事の所要時間: 540

華やかな男がモテていたバブル時代と現代は違う。

今、女性に最もモテる男のタイプとは?
男性が気付かないうちにやってしまうNGとは?










管理人の赤堀です。



本日は1人で街をウォッチングしてきた。



何を買うわけでもないのだが
百貨店、デパート、電気屋などをうろうろ。



平日の昼間という事もあり特別人が多いわけでもなく
どの場所でも比較的快適に見て回る事ができた。



しかし街を見渡してみるとそんな時間でも若いメンズは多いもの。


大きな街では異なった属性の者同士が行き交っているのだが
今年は白いボトムスの男性を見る機会が多くなった気がする。


私自身も服を見にショップに入ると店員にお勧めされる事も多い。


1年を通して着る事ができるアイテムではないが
夏に限っては涼しげな印象があって良いのかもしれない。



ただし、どんなアイテムを選ぶ場合にしても
『女性にモテる』という観点で選ぶ場合には注意が必要だ。



今日のテーマは


「女性にウケるためのアイテム選び」


でお送りしようと思う。



女性にウケが良いファッション、小物選びの鉄則とは




ここ数年、とくに大きく変わってきたように感じるのだが



やはり何を選ぶにしてもシンプルな物の方がウケが良い



服、アクセ、帽子、靴、時計、車、財布、バッグ、メガネ、髪型


これら全ての事である。




服などで言うならば塗装や柄が入ったものよりも
無地でシンプルで主張の少ないもの。


ネックレスなら金無垢でどでかいロザリオよりも
シルバーで控えめなもの。


財布、バッグならばルイヴィトン、バーバリーのように
ブランドが全面に主張しているものよりも
ボッテガ、ドルガバのように一件何処のものか解らないもの。


時計だってギラギラの金無垢ダイア入り仕様のものよりも
シンプルに黒皮、金ケース、白文字盤で3針のもの。



なんだってシンプルが求められている時代なのだ。



もちろんこれはあくまでも傾向であって
全ての女性がそのような男を好むわけではないのだが



全体的には無茶をして滑った服装をしている男子よりも
シンプルだが無難に着こなしている男子の方がモテる。



正直言うと、今流行りの白パンもかなり攻めのファッションであり
流行ってるからって誰でもやって良い服装ではない。


似合わない者は絶望的に似合わないのが白パンツファッションなのだ。


例えば足が短い、太いなどの場合。


スキニーのようにピチッとしてしまうと
ラインが協調されて汚いフォルムに見えてしまうし
緩やかにし過ぎると服のサイズを間違えた子供のようになる。




髪型だって茶髪、金髪などは論外で黒髪で短髪。
ワックスもガッチリよりほどほどに使ってるくらいがウケが良い。



『普通であること』



が求められている時代というわけだ。



バブル時代とは違い、現代では男性に対しては
華やかさや無駄な主張は求められていない。


主張をせず黙って静かに一般化している男の方が好まれている。


昔は3K(高学歴、高収入、高身長)と言われていて
それは今でもなごりはあることは間違いないのだがそれよりも3低
低姿勢、低リスク、低燃費が男に求められている条件なのである。



元々現代という時代でなくてもシンプルな服をバシッと着こなし
無駄な主張をしないような紳士スタイルの男性はモテていた。


だが、現代ではそれがより顕著と言った所だろう。



そこで気をつけていただきたいのは
服でも時計でも選ぶ際にはなるべく主張を抑えること。




この手のテーマでは過去にも何度も書いている。


女性にモテるファッション・時計・財布ブランド選びの注意点



例えばシャツ1つ選ぶ場合にしても
チェック柄や襟元に奇抜なデザインがあるものなど。



ファッションに疎い男性はそういう物を選びがちだが
疎いという自覚があるのであれば勝負に出るのではなく
無地でシンプルなものを選ぶ方が良いだろう。



他人とは違った色を見せたいと思ったとしても
せいぜい1ポイント、2ポイントぐらいに抑えた方が滑る心配はない。



時計を選ぶ場合にも同じ。


ケース計がデカくゴツい感じのスポーツタイプよりも
シンプルでケース系は30mm代のものが最もウケが良い。


もちろんTPOによってはスポーツタイプのものでも良いが
ケース計が45mmを超えてくると時計の主張がデカくなり


時計を付けているというより、時計に付けられている人


に見えてしまうかもしれないので注意が必要である。



メーカーも無理して高いブランドなどを見に付けていても


「身の丈に合わないアイテムを付けてる器の小さな男」


という評価を下される可能性が大なので気をつけよう。



どんなブランド物を身に付ける場合にも
女性はその点をかなりシビアに見ている。


仮に結婚、同性をしたときに浪費をされたのでは
生活にならないという観点でチェックされるのだ。


収入に見合った無理のない範疇で選ぶのが無難と言える。



凄い高級時計などを身に付けている事により
尊敬の念を抱いたり凄いと思うのは基本的に同性の場合だけ。


女性の場合はまず「嫌味っぽい」「無理してそう」という感情が先にくる事が多い。
(ブランド好きな女性なら喰いつくって事もたしかにあるのだが一般論として)



バッグの場合も同様。

時計、靴、バッグは常に目に晒されることからチェックをされやすい。


他のアイテムよりもより無難な線を選ぶ必要があるし
適当に選ぶよりもそれなりに良い物を揃えておく必要もある。


靴ならリーガル、バッグならオロビアンコなどは
女性からのウケもよくシンプルな中に高級感があるものもありお勧め。




季節の変わり目はアイテムを買う男性も多いと思うが
できるだけシンプルにする事を心掛けて選ぶようにすれば
大きな失敗をする危険性を避ける事にも繋がるだろう。



では今日はこの辺で。
読んでいただきありがとうございました。

赤堀によるメルマガがオープンしました

merumagaannai

メルマガ参加者にもれなくプレゼント中

【ユニクロだけでキメるモテるファッション】
【モテる男の思考に近づける!日常を変えるマインドセット】
【明日から変えれる!男がやりがちなNG行動集】

その他にもメルマガの中でプレゼントもあり!

赤堀のメルマガ詳しい内容ページはこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ