巨乳・スレンダー・黒髪・ポニテ・ロリ系など自分好みの女と出会う方法

この記事の所要時間: 42

巨乳・スレンダー・黒髪・ポニテ・ロリ系など
自分好みの女性と出会うにはどうすれば良いのか?

好みの女性と出会う最善の方法に関して解説する。









管理人の赤堀です。




『自分好みの女性を狙って効果的に出会うには??』



それを尋ねられれば私の答えは「ナンパ」の一択である。



職場での出会いや合コンのように運に任せるのではなく
直接目で見て好みの女性にアタックができるのだからそりゃナンパだろう。


ちなみにナンパと言えば街で声を掛けるものだと思われがちだが
現代という時代にはもう1つのナンパの方法がある。



SNSや婚活サイトなどネットを利用したナンパの手法だ。



こちらはストナンパと違い「ナンパ目的じゃないです」と見せられるので
ナンパに抵抗がある男性でも行いやすいし成功しやすいメリットもあるだろう。



さらにネットナンパはストナンパと違ってスピード勝負ではないので
じっくり考えながら相手を探せるというようなメリットもある。


例えば「メンヘラ彼女が欲しい」と思っているのであれば
mixiなどの精神を病んでる系のコミュニティを探せば簡単に見つかる。



どういう属性がどういう場所に集まっているのかが解りやすいのだ。



それをゆっくりと吟味できる。




逆にストナンパの場合はスピードが勝負。


声を掛けないとさっさと先に行かれてしまうし
クラブなどの場合でも他の男が話しかけてしまうかもしれない。


その反面、ネットに比べて即効性があり即ヤリに適している。



どちらが良い、悪いというのはなくあくまでも好みの問題であり
あなたに適した活躍の場を選ぶのが良いだろう。


最高なのは、どちらもそれなりのレベルまでに仕上げる事だ。



それにより「出会いがない」なんて言葉は口から出てこなくなる。



そしてネットナンパ・ストナンパを経験したならば
今度は自分の好みとズバリ合った女性のみをターゲットにして
落とすための工程を是非とも考えてみてもらいたい。



それにより、人生の満足度は著しく向上するはずだ。



とにかく色んな女とセックスできる人生


を手にしたい人のための情報発信が私のテーマだがその先のステップは
「自分好みの色んな女とセックスできる人生」だ。



男にとってこれは究極と言っていいかもしれない。


最終的にはそこにステップアップをしてもらいたいのだ。



と言っても、あまりにマニアックなジャンルじゃないならば
そこまでのステップに昇華するのはそんなに難しい事ではない。



例えば巨乳が好きなら、巨乳の女性の行動パターンを探ってみたり
どういう職業、コミュニティに巨乳が多く属してるのかを知ること。


スレンダーな女性が好きな場合でも同様である。


ポニーテールな黒髪の女性が好き…というような限定的な場合も同様。
(そもそも髪型ぐらいは頼めばなんとでもなるが)


例えば黒髪という事は、アピアランスに厳しい職業なので
そのような職業の女性が集まる場所や時間帯を探してみるという事だ。



そんな風に、限定的な好みであったとしても
探してみれば意外と出会える場所は見つかってしまうものである。



あとは、そこで出会った女性と上手くトークを展開していく事。



この際も相手の特徴が役に立つ事がある。


例えば巨乳の女性の場合は胸にコンプレックスを抱えてる場合が多い。
男から見れば魅力的でも本人は苦労してるって事が多いのだ。


だとすれば、あえて胸じゃないポイントを褒めてみたりする。


「スタイル良いよね~、足めっちゃ細いじゃん!」


など。


普通の男が鼻の下を伸ばしていやらしい目で見るポイントを
あえてスルーする姿勢を見せる事で好感度を上げるというわけだ。




もちろん、相手がコンプレックスに感じてない部分などは
ストレートに褒めるというのも良いだろう。


「髪上げるとなんか違う人に見えるね、仕事できる女って感じだわー」


など。



自分好みの女性と出会える方法というものは
実は意外と用意されているものなので
興味があれば調べてみたりするのも良いだろう。


私も最近、良い方法を見つけられたので
次回はその事について触れてみようと思う。


では今日はこの辺で。
読んでいただきありがとうございました。

赤堀によるメルマガがオープンしました

merumagaannai

メルマガ参加者にもれなくプレゼント中

【ユニクロだけでキメるモテるファッション】
【モテる男の思考に近づける!日常を変えるマインドセット】
【明日から変えれる!男がやりがちなNG行動集】

その他にもメルマガの中でプレゼントもあり!

赤堀のメルマガ詳しい内容ページはこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ