女性と緊張せずに人見知りせずに話せるようになるにはどうすればいいか

この記事の所要時間: 312

同性との会話は問題ないのだけれど
女性の前では緊張してキョドってしまう

そんな状態を改善する方法とは…。








管理人の赤堀です。



同性と対面する事には苦痛は無いのだが
女性の前だと緊張し過ぎて苦痛にすら感じてしまう。



そんな悩みを抱える男性は多いことだろう。
私の周りにもやはり多数はそのような男性が居る。



今日はそんな女性苦手を克服する方法を書いていこうと思う。





始めに言ってしまうと、このように
女性の前では緊張して上手く喋れないという現象は


数をこなして慣れる事でしか改善される事はない


これは先に言っておかなくてはならない。


特に今現在「人見知り」と自覚している人は
とにかく数多く人と会ってみる(できれば初対面の人)必要がある。


慣れていけばまるで家で母親と話すように
緊張感というものは解きほぐれていく。



それは前提とした上で、では
初対面の相手やあるいはまだ仲良くない相手との会話で
なるべく緊張をしないようにするにはどうすればいいか?


方法は色々とあるのだがまず第一には
なるべくその場を楽しい雰囲気にしておくことだ。



これが一番手っ取り早い。


例えば酒の席などでは普段寡黙な人でも
ベラベラと喋り出すような場面を多く見る事があるが

それはアルコールの力もあるがなによりも
酒の席というのが「そういう場」という安心感があるからだ。


なので、相手と早く打ち解けたいと思うのであれば
相手が緊張するような空気を作らない方が良いし
また、あなたが緊張するような空気であってもいけない。


空気を変えるには笑いを増やすこと、笑顔を増やすことだ。


笑顔が多い奴の周りには同性、異性問わずに人が集まるし
気軽にイジッたりイジられたりする関係性は発展しやすい。


それは日本社会で暮らしているならあなたも実感している事だろう。


そう、笑顔というものは相手にも伝染するし
笑顔=敵対と連想する人間はそうそういない。



人見知りという人にとても多いのは
「自分は人見知りだから」と開き直ってしまい
場の空気の扇動を全て相手に委ねてしまう事にある。


これだと、相手も警戒心が強い場合には
お互いに反発し合って良い空気が生まれないのである。



なのでこういう時にはまず自分が空気を変えるという意識
主導権を持つという意識を持った方が良いだろう。


あなたが笑えば相手も笑う、あなたが真剣になればあいても真剣になる。


あなたが空気を読むよりも相手に読ませるのだ。
(もちろん最低限あなたも空気を読む必要はある)



どうしてもそれが難しいと感じる場合には
その場のリーダーを使って上手く乗っかる事だ。


その場の空気を作れる人物=リーダーなのだから
リーダーは基本的に笑える空間を作るのが上手い。


そういう人物の傍にいて上手く乗っかってしまえば
悪ノリもしやすいし、イジりイジられも行いやすくなる。



始めはかなり勇気がいるかもしれないが
数をこなしていけば苦痛はどんどん少なくなっていく。


まずは誰か(場のリーダー)と行動をするようにして
リーダーを仲介して初対面の女性と話すような方法がお勧めである。


複数人でのトークに慣れたなら今度は2人でのトーク…。
というようにレベルアップをされていくと良いだろう。




では今日はこの辺で。
読んでいただきありがとうございました。







赤堀によるメルマガがオープンしました

merumagaannai

メルマガ参加者にもれなくプレゼント中

【ユニクロだけでキメるモテるファッション】
【モテる男の思考に近づける!日常を変えるマインドセット】
【明日から変えれる!男がやりがちなNG行動集】

その他にもメルマガの中でプレゼントもあり!

赤堀のメルマガ詳しい内容ページはこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ