イケメンじゃないと女にはモテないのか?いやいやいや…

この記事の所要時間: 43

管理人の赤堀です。



先日、実家を訪ねゆっくりしてきたのだが
久しぶりに母親とともに映画を見に行ってきた。


何十年ぶりのことだろうか。

前に母と映画を見に行った時にはおそらく
母が私の手を引き映画館まで連れていってくれた。


だが今は逆に、足の悪くなった母を
私が手を引き映画館までの道を歩く。


…まぁ流石に50代の母に対して手を引くというのまでは大袈裟だが(笑)
(足が悪いとは言っても普通に歩けるので)



だがたまには親孝行でもしようと思い
私の奢りで映画を見て、ランチを食べてきた。



しかし、50代の女性とは言えやはり女。
イケメンの映画俳優、芸能人には目がない。



映画を見るかどうかの判断基準もイケメンがいるかどうか?
そのように判断をすることもかなり多い。


だがこれは何も女性に限った話しではなくて
男だって可愛い女、美女が好きだし、見ていたいと思うもの。


私だって映画の内容には興味がなくても
長澤まさみが出演しているだけでセカチューを見たことがある(笑)



もちろん、イケメン、美女は恋愛でもかなり有利である。


女性の場合は可愛いかブスかによって
生涯に男から奢ってもらえる金の額が数千万円単位で違うという。


残酷なようだが、それは確かに当たっているだろう。



男の場合も、残酷なようだがやはり有利なのはイケメン。



例えばエレベーターの中で知らない女性と二人きりになった時に
「今日は風が強かったですね」と普通の世間話をするとしよう。



ブサメンの場合は、相手に警戒をされて引かれるかもしれない。
だがイケメンの場合は、普通の世間話として成立するのだ。



知らない女性からの警戒心を振りほどけるという事は
ナンパをする際にもイケメンはかなり有利ということである。



不公平に思えるが、こればかりはどうしようもない。
どうしても嫌なら、美容整形でも何でもやった方が良いだろう。




だが、整形をしようと思う前にちょっと待ってもらいたい。



イケメンが恋愛に有利なことは確かなことなのだが
イケメンじゃないと美女と付き合えないわけじゃないし
ナンパしてそのままセックスをできないわけでもない




恋愛においてのルックスの影響力というものは
女性に比べて、男性はそれほど大きなものでもないのだ。



例えば、女性にモテるために必要な要素には何があるだろうか?


・収入(お金)
・ルックス(身長、スタイルを含む)
・フィーリング(性格の一致)
・トーク力
・ステータス



他にも細分化できるが、とりあえずこのぐらいにしておこう。



極端な事を言うと、ルックスがまったくイケメンじゃなくても
年収が1億円あるのならば正直女にはモテモテである。



私の友人にも、ルックスは良くないし性格も良いわけでもないのに
年収は1千万円以上の独身貴族で新宿に住んでいることにより
クラブなどで奢りでナンパをし、そのまま家に連れ込んでヤリまくってる男がいる。


財力だけで、好き放題に女遊びしてる男もいるのだ。


もう少し身近な事で言うと、私も決してイケメンではない。


テレビで芸能人を見る度にコンプレックスを感じてしまうし
目を二重に整形しようと考えることだってある(笑)


だが、口達者なおかげで幸いな事に女には不自由をしないので
本気で整形しようとまでは思い立ったことまでは無い。


スタイルも、最近は少しお腹が出てきてしまったのだが
それでも今まで通りトーク一本で勝負することはできている。



女性の場合はそうはいかない。
収入があろうがトークが上手かろうがルックスやスタイルが重要視される。


男に比べると、よっぽどシビアと言えるだろう。



なので、ルックスにコンプレックスを抱える男性は
それだけでモテることを諦めるにはまだ早いのだ。


ルックス以外にも勝負できるポイントはいくつもあるのだから。


以前、記事に書いたこちらの商材もその1つだ。


ブサメンが美女を虜にする容赦なき戦略4ステップ



ブサメンならば、ブサメンなりの戦い方をすれば良い。



収入を1000万円に増やすのはかなり難しいことだが
トークを上達させたり、女性の扱い方に関する知識を得ることは
アルバイトの20代だって可能なことなのだ。



では今日はこの辺で。
読んで頂きありがとうございました。

赤堀によるメルマガがオープンしました

merumagaannai

メルマガ参加者にもれなくプレゼント中

【ユニクロだけでキメるモテるファッション】
【モテる男の思考に近づける!日常を変えるマインドセット】
【明日から変えれる!男がやりがちなNG行動集】

その他にもメルマガの中でプレゼントもあり!

赤堀のメルマガ詳しい内容ページはこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ