ナンパできない男がナンパできるようになる映画

この記事の所要時間: 343

管理人の赤堀です。



私は家に女性が来た時のために
部屋に映画やお笑いのDVD、ブルーレイを大量に用意している。


それ以前に、映画を見ること自体が好きなので
度々近所のゲオでレンタルして映画鑑賞を楽しむ事があるのだが
先日見たのはラブ・アゲインという映画。


パッケージ裏のあらすじを見た瞬間に「面白そう」と思って借りてみたが
モテたいという気持ちを持っている男性には楽しめる内容だ。



主人公のキャルは3人の子供と妻と暮らす冴えないダサいつまらないサラリーマンだが
そのつまらなさのせいで夫婦関係は冷え切り、妻に浮気をされて離婚する事となる。


彼は妻に裏切られた悲しさを埋める為にバーで飲んだくれていたのだが、
そんな彼に目を付けたイケメンのチャラ男ジェイコブが
「君をモテるように改造してやる」と提案してくるのだった…。




簡単に言うと、モテない男をモテるように改造するストーリー。


20年間もサイズの合ってない洋服を着続け、
女性との会話が下手で瞬間的に引かれてしまっていたキャルが
短期間でナンパを成功させ9人もの女性と関係を持つように成長する。



もちろんフィクション作品だが、
モテる為のノウハウやナンパのやり方などは非常にリアル。


モテ男、ジェイコブと非モテ男キャルの言動を見比べてみると
モテない男とモテる男の差がリアルに描かれていて私は思わず笑ってしまった。



例えばジェイコブはキャルにナンパを教えるのだが、
ナンパの会話の仕方をテンプレート式に教えてあげた。


だが、キャルが同じ事を言おうとするとスベッてしまうのだ。
なぜかと言うと、それは言い方の差。


ジェイコブはその場の空気に合わせて言葉を選んでるのに対し、
キャルは場の空気に関わらず、決められた言葉を言おうとしているだけ。



最初の声掛けの一言を「お酒飲む?おごるよ」と決め込んでしまうと
相手が禁酒5年で嫌がっていても「おごるよ」で押し切ろうとしてしまう。



現実のナンパでも、まったく同じことが言えるのだが
会話は相手の雰囲気やその場の空気で言葉を選ばなきゃいけない。



そんなキャルも、一度ナンパを成功させたのを皮切りに
自信を身に付け、バンバンとナンパを成功させていく。


この表現の仕方もかなりリアル。



私もいつも言っているが、ナンパというのは自信が全てだ。
成功体験を積み重ねる事により向上するようになる。



こちらの映像にも、同じような事が言えるだろう。


だからおまえはモテないんだ、ヤれ!の効果について


ナンパというのは最初の1回を成功させられれば
その後はガンガンと成果を出すことができるのだ。




ちなみに、このようなストーリーが展開されるのは映画の前半だけ。
後半はもっと複雑な恋愛事情が絡み合う、ラブストーリーとなる。



遊び人気質じゃないのに無理してナンパしまくるキャル

キャルに密かに思いを寄せるお手伝いさん17歳ジェシカ

そのジェシカに恋をするキャルの息子ロビー

初めて本気で女性を好きになってしまった遊び人ジェイコブ

キャルとよりを戻したい嫁のエミリー

エミリーに思いを寄せる浮気相手デイヴィット



前半のようなモテノウハウは一切出てこなくなるし
フィクションっぽさがより強烈な展開となりリアルさは消えるが
アメリカ映画らしいドタバタコメディで最後まで楽しむ事ができた。



もしも、週末に彼女と見る映画に迷っているならお勧めです。



PS


ちなみに、もう1つナンパのデメリットについても
ラブアゲインは上手に描いているように思えた。


というのも、キャルのように地元でナンパを繰り返していると
思わぬ所で人脈が繋がってしまう事があるのだ。


例えば、ナンパした相手が知り合いの知り合い…など。


これは私も実際に、過去に何度も痛い目を見たので
本当に気を付けるべきことだと実感がある(笑)


まぁあくまでも、彼女持ち、妻子持ちなどの場合に限るのだが
ナンパをするにしても地域には気を付けるようにしよう。

赤堀によるメルマガがオープンしました

merumagaannai

メルマガ参加者にもれなくプレゼント中

【ユニクロだけでキメるモテるファッション】
【モテる男の思考に近づける!日常を変えるマインドセット】
【明日から変えれる!男がやりがちなNG行動集】

その他にもメルマガの中でプレゼントもあり!

赤堀のメルマガ詳しい内容ページはこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ