初対面の女性に受ける無理のないキャラ設定

この記事の所要時間: 544

IMG_2990
初対面の女性と出会った時に立場を決定付ける
モテる為に最初に気にするべきスキルとは?

実際に私が出会った女性との事例を基に解説する。





管理人の赤堀です。



たくさんの女性と関係を持ちたいのならば
出会いは貪欲に求めていかなくてはならない。


友人を待つ駅前の改札口、タバコを買いに入ったコンビニ、
友人のそのまた友人、合コン、習い事、イベントなど。


複数の女性と同時に付き合うという行為は
背徳感というよりも肉体的にきついものがあるが
LINEの友達リストは多くしておくに越したことはない。


その日、私が出会ったのは北乃きぃ似の19歳。
Eカップの豊満なバストの張りが
シャツのボタンをはち切らんばかりの勢いだった。


北乃きぃ似の彼女の名前はS(仮名)。
私の女友達であるY子が連れてきた大学のサークルの後輩だ。


事の経緯は女友達のY子が「男を紹介してほしい」と
私に頼み込んできたことが始まりである。

彼女のリクエストは年上で職に就いている男性。

しかも出来れば土日休みで朝に出勤して夜に帰るという
いわゆるサラリーマン系の友人を紹介してほしいという事だった。


私はそれを受ける代わりにY子にも
知り合いの女の子を私に紹介してくれるように頼んだ。


そこでY子が連れてきたのがEカップのSだ。


「え?彼氏がいないとか嘘でしょ?」


というような可愛い女の子だったのだが
上京してきたばかりの彼女にはまだ友人も少なく
サークル以外での男性との付き合いもないとのこと。

まぁしかしそれでも半年も時間を置いたならば
奥手な彼女が自ら仕掛けなくても男の方から自然と彼女を求めてくるだろう。


都内某所の駅で合流した私たちはその場で軽い挨拶を済ませ
そのまま近くの半個室の居酒屋へと足を運んだ。


初対面の者同士が初めて会った直後は
移動中の会話もどこか緊張感がありたどたどしいもの。

ここは私が上手く仕切ってまずは共通の友人同士で会話を広げる。
それから初対面の人物達の情報を引き出すような順序となる。


とはいえ今回のコンパは目的がはっきりしている。


私の友人をY子とくっつけて
私とSをくっつけるという簡単な図式だ。


こういう場合は必然的に対象者の女性との会話が多くなるので
初対面の女性と上手くトークするスキルが求められる。


居酒屋に着き酒も適度に入ってくると
当初の違和感も抜けてきて砕けた雰囲気が生まれてくる。


私の友人はガンガンと攻めるY子のトークに
若干押され気味ではあったものの
逆にそれが良いバランスとなり上手く事を運んでいた。


私はガンガン攻めるような事はしない。
なぜならばSちゃんは奥手で警戒心の強い女性だからだ。


しかし、まったく攻めないのでは関係は発展しない。
ではどのようなキャラ設定で攻めていくべきか?


ほどよく仕切って適度にチャラさを出す事だ。


チャラさを出したら奥手な女性には逆効果なのでは?
という疑問を持たれるかもしれないがこの場合は逆。


真面目なキャラでは彼女を逆に緊張させてしまう。
緊張した空間では気軽な会話など引き出せるわけがない。


ガンガンと突っ込んでくれるY子という友人もいるのだし
ここは少しくらいピエロを演じておくのが最善だ。


結果としてこの策は当たった。


居酒屋を出て次はカラオケを目指して歩き出した我々だが
その道中はすでに居酒屋へと向かって歩いた最初とは違った雰囲気があった。


Y子は私の友人と私はSちゃんとそれぞれ話しながら歩く。


最初の居酒屋で雰囲気作りに失敗してしまっていると
このような図式で移動をするようにはならない。


きっと行きの道と同じように全員でまとまって
気を使い合ってトークを展開することになるだろう。


カラオケについた頃には既に
私たちはそれぞれのパートナーの隣に座り
歌を歌うという行為をほとんどする事なく
個別のトークを楽しみながら過ごす事となった。


1つのカップルともう1つのカップル。
というコミュニティ感が生まれたという事である。


その後は無理して別々に分かれて行動をする事もなく
お互いに連絡先を交換してその場は解散となった。


Sは後日、薄暗がりのベッドの上で
激しく揺れるEカップを私に見せつけることになる。


Y子と私の友人はその後一度二人で飲みにいったそうだが
その後は音信不通状態となり自然と関係もなくなったそうだ。


トークに必要なスキルとは何なのか



IMG_2990


このような事例は私の数多くある経験のほんの1ページに過ぎないが
初対面の女性と接する場合、関係性を上手くするには重要な事がある。


それがキャラ設定だ。


私はほどよくチャラさと隙がある男性を演じたのだが
このキャラ設定はかなりの女性に対して有効。


トークの内容を鍛えることもとても重要なのだが
そもそもトークを受け入れられやすいキャラクターを作って
あなたの雰囲気を「話しやすい」と感じてもらう必要がある。


そこまで含めてトータルでトークスキルというわけだ。


例えば「今まで彼氏いたことあるの?」という一言も
真面目で冗談の通じなそうな男が言うと重く苦しくなる。


逆にチャラさを全開にしてガンガン押して攻めると


「この人、下心があるのかな」


と思われて心を完全にシャットダウンされてしまう。


真面目キャラとチャラキャラは一見相反するのだが
言葉に対して受け取られる印象は同じという事だ。


どちらにも「下心」というものが見え隠れしてしまうが
そのようなキャラは女性に対しては絶対にNG。


特にSのようにスタイルに魅力がある女性は
中学生ぐらいの頃から男性に性的な目で見られ続けているので
下心を感じてしまうようなキャラには敏感なのだ。


ならば「今まで彼氏いたことあるの?」という一言を
言っても自然なキャラの印象をあらかじめ与えておくことと
トークの流れで上手く自然にその話題に誘導すること。



●トークを受け入れやすくさせるキャラ設定
●自然に聞きたい話題を聞きだすトークの組み立て



この2つが合わさって初めてモテる男のトークスキルとなる。



初対面の女性と接する際には参考にしていただきたい。



では今日はこの辺で。

赤堀によるメルマガがオープンしました

merumagaannai

メルマガ参加者にもれなくプレゼント中

【ユニクロだけでキメるモテるファッション】
【モテる男の思考に近づける!日常を変えるマインドセット】
【明日から変えれる!男がやりがちなNG行動集】

その他にもメルマガの中でプレゼントもあり!

赤堀のメルマガ詳しい内容ページはこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ