恋愛商材の選び方、判断基準、レビュアーの信頼性などについて。

この記事の所要時間: 949

lgf01a201408271700
恋愛情報商材はあなたの可能性を
無限大に引きだしてくれる可能性を秘めている。

しかし選択を間違ってしまうと
あまり有益な情報にならなくなってしまう。

今回は情報商材の選び方について。








管理人の赤堀です。


私は普段ブログやメルマガにて
男性向けに恋愛の情報を提供しているが
その中でも特にアクセスが多くなるのは


恋愛系情報商材のレビュー批評だ。



実際に私のレビューを判断基準として
商品の購入を検討してくれている読者も多い。


そして逆に私が批判をしていた商品を見て
逆に購入を踏み止まったという意見もよく聞く。


私による情報商材のレビュー一覧はこちらを参照ください。


1日に何十万という金が
私のブログ1つで動いてるという事である。


とはいえ、いつも言っているように
私は恋愛情報商材で本当に役立つものなんて


極小だと思っている。



私のレビュー一覧を見ていただければ解るが
しっかりとお勧めできるようなものなんて
そんなに数が無いというのが現状だ。



「恋愛情報商材は詐欺だ」


このような言葉を聞くことも多い。
しかし私はこの言葉は残念でならない。


確かに実際に詐欺と言えるようなものもある。
誇大表現による広告なんかもしょっちゅうだ。


でも情報商材の多くは詐欺というよりは
単純に作者の実力やテクニックが追い付いていない。



というものが多いように感じる。


つまり詐欺というより駄作が多いのだ。



別に詐欺を肯定するつもりもないし
しょうもない内容の商材を推奨するつもりもない。


だからって『詐欺』と決めて掛かって
明らかにお客様意識で全てを与えてもらおうと思っていては
例え良い商材に出会った所でその良さには気付けないだろう。


なぜならば情報商材というものはあくまでもスキルであり
その習得は実践者自身の努力が無いと絶対不可能。


「サービス」とは根本的に違うのだ。
塾とか通信講座とかに近いものだと思う。



優れた恋愛商材は普通に生きていれば気付けないような
かなりマニアックで専門的な知識やスキルが身に付く場合がある。


一般書籍やTVなどでは絶対に語れないような
道徳感や倫理観に反したものも販売が出来るからだ。


例えば当たり前の話しなのだが


「女を言葉巧みに騙して良いように股を開かせる方法」


なんて一般的な本屋で売る事など絶対に不可能。
多分、販売したら即座に回収騒ぎになる(笑)


そんな道徳観に反したような内容のものを
当たり前のように販売できるのは情報商材の強みなのだ。


まぁだからこそ内容スッカスカの詐欺と疑われるような
クソみたいな内容のものでも販売が出来てしまうわけだが(笑)



恋愛商材というものは特に
そのような情報商材の特性に良く合っている。


恋愛というものの本質は決して綺麗なものではない。
純愛とか永遠とかJ-POPの歌詞などクソ喰らえの世界なはずだ。


欺き騙し人の感情を操り操作をしていくからこそ
自由自在に女を抱けるようなスキルがみにつくのだ。

lgf01a201408271700



とまぁ恋愛商材の特性についてはもう良いとしよう。


恐らくこのページを見ている時点であなたは
私が説明したような事は既にもう解っている。


それをちゃんと解った上で溢れ出る好奇心により
成長を望んでいる為に恋愛商材を手にしたいと思ってるはずだ。


なのでここからは肝心の選び方のコツをお話しよう。



情報商材の選び方のコツ



恋愛情報商材に関しては市場にまともなレビューが無い。


正直言ってレビューを参考にして判断しようとしても
そのほとんどが言っちゃ悪いが当てにはならないのだ。


中にはちゃんとまともにレビューする者もいる。


目先の利益に囚われずにしっかりと価値を提供する事により
正当なる対価や評価を得ようとするようなレビュアーだ。


購入者は実際に商品を買うまでは中身を確認できないのだから
どうしてもレビュアーの意見を参考にする必要性も出てくる。


●レビュアーからの情報
●セールスレターからの情報
●今のあなたの情報とのマッチング性


この3つは必ず判断基準に入れるべきである。



良いレビュアーの判断基準



まずは良いレビュアーの判断基準について。


正直、何を良いと思い何を悪いと思うのかは個人の主観。


つまり「●●を推薦してたからあいつは信頼できない」というような
方程式を当てはめるような事は決してできるものではない。


例えば私は洋楽は嫌いだがAKBなどのポップミュージックが好きだ(笑)
きっとその真逆の人もいることだろう。


だから何を良いと思うのかは個人の主観なのだ。
なので肝心なのはそのレビュアーが発信する情報の質にある。



●文章量


しっかりと信頼できるレビュアーは
1つの商品に対する情報量がとても多い。

サラッとすぐに読み終わる程度の文章量には
とてもじゃないが判断材料としての価値はない。


例えば「ここが良い」「ここが悪い」と言っても
その根拠があまりに無すぎるのだ。


あなたが恋愛商材の購入に迷い情報を欲しているなら
きっと欲しいのは「なんで良いと思うのか」「なんで悪いと思うのか」
という明確な根拠であるはずだ。


論理的では無く適当に良いとか悪いとか言うなら
そんな事は幼稚園児にでも可能。


肝心なのはその根拠。


例えば私がレビューの中で


「この商材の●●な部分が駄目。なぜならば
 実際に実践しようと思う場合にはトークスキルが必要となるからだ。

 対象が初心者というのならトークスキルが無い場合が多い。
 よって初心者向けと謳うこちらの商品を初心者には推薦できない。」



というような記事を書いていたとしよう。


だが、このように明確に否定の理由が解れば


「俺はトークはまぁまぁ自身があるからそれなら活かせるな」


というような見方で情報を判断する事ができる。


つまり本来手にできるはずだった良い未来を
根拠の無い情報で手放す心配が無いわけだ。





●悪いものは悪いという意思を持っている


何でも大絶賛しているものは信頼に値しない。


先程も言ったが誰にでも良くて誰にでも悪いものは存在しない。
つまり全部が大絶賛とか普通は有り得ないのだ。


仮に本気で全部を大絶賛しているのだとしたら
もうそのレビュアーには物を見る目が無いとしか言えない(笑)

よって信頼には値しない。



セールスレターの情報の見方



続いてはセールスレター(販売ページ)から
読み取れる情報についてお話をしよう。



まず「簡単」「楽」「誰でもできる」は当てにしない事。



正直そういう方法もあるのが恋愛テクニックの面白さだが
基本的にはただの誇大広告だからあまり気にしないこと。


そして「●日で彼女ができる」「●人の女とヤれる」など
時間系統の情報はまったく当てにしなくて良い。


そんなものは個人の環境によるのだから
あなたを知りもしない販売者が提示できるものではない。



そして当たり前の事だがセールスレター内では
その商品に対して否定的な意見などは書かれていない。


それは当たり前の事で通販番組内で
商品のデメリットなどを説明しないと同じだ。


デメリットが無いわけはないと思っておこう。



そして、上記のような条件に当てはまるからと言って
必ずしもそれが駄目商材と認定できるものではない。


あくまでもこれは「気にしなくていい」ことであって
商品そのものの質とは一切関係の無い事柄なのだ。



気にすべきことはその商材のコンテンツ形式が
例えばPDFなのか音声なのか映像なのかなど。


私は個人的にはPDFだけという恋愛商材は嫌いだ。
最低でも音声、できれば映像付じゃないと評価しにくい。

なぜならば恋愛の基礎はトーク。


つまり実際に女性との対談動画や
テクニックを実践してる様を見ないと勉強にならない。


例えばダンスや音楽のハウツー本を買っても
文章だけでそれを理解するのは不可能なはずだ。

かならずCDやDVDが付いてくる。

それは何故かと言うと「体で行う」ものだからだ。


恋愛は感情で行うものだがトークは体で行うもの。


つまり映像や音声が無いと学べないのだ。


もちろんこれこそ私の主観だし
ジャンルによってはPDFだけでも成立するものもある。

なので必ずしも当てはまる方程式ではないが
あならのライフスタイルや学びやすさも考慮して選んでほしい。



あと確認しておいてほしいのはサポートについて。



これも情報商材特有のメリットなのだが
販売者からのサポートが受けられたり
内容が最新版にアップデートされたりする。


通常書籍やDVDには絶対に有り得ないメリットだ。


例えば販売者にメールで相談する権利。
このようなサポートがついてるなら最大限活用できる。

期間や回数制限などが設けられてる事もあるので
それは個別に確認をしてもらいたい。



中には全額返金保証がついているものもある。


その場合はリスクが極端に低くなるので
信頼性のある会社の場合は安心の材料になる。

(KABUTOやICAならば安心だろう)



今のあなたの状況とマッチしているか



これは意外と見落としがちなのだが
同じ恋愛商材を買っても効果がある者と無い者がいる。


正確に言うと効果がある時期と無い時期があるのだ。



これは私もレビューの中で必ず気を付けているのだが
例えば恋愛テクニック系の商材というものは
あくまでも基礎の発展形的な内容のものが多く


基礎となるトークテクニックを知らない場合では
活かそうにも活かせないというような事がある。


その場合はその商材の内容が駄目なのではなくて
単純にあなたの状況にマッチしていなかったという事になる。



しかしトークテクニックという基礎を身に付ける事により
女をバンバンと落としまくれるようなテクニックへと変わるのだ。


なので自分の状況がしっかりと
教材の対象者とマッチしているのか?

という事を考慮して選ぶようにしよう。


ちなみにセールスレターには必ずと言っていいほど


Q・初心者で今までモテた事がないけど可能ですか?
A・はい。もちろん可能です。



というような事が書いてあるが当てにしなくていい(笑)


対象について迷う事があるならば
私のレビュー記事を参照にしていただきたい。

私による情報商材のレビュー一覧はこちらを参照ください。



では今日はこの辺で。
読んでいただきありがとうございました。

赤堀によるメルマガがオープンしました

merumagaannai

メルマガ参加者にもれなくプレゼント中

【ユニクロだけでキメるモテるファッション】
【モテる男の思考に近づける!日常を変えるマインドセット】
【明日から変えれる!男がやりがちなNG行動集】

その他にもメルマガの中でプレゼントもあり!

赤堀のメルマガ詳しい内容ページはこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ